福岡で梨狩り!大きくて甘い『秋月観光りんご・梨狩園』

『秋月観光りんご・梨狩園』アクセス

MEMO

『秋月観光りんご・梨狩園』は福岡県朝倉市にあり、福岡市中心部から車で約1時間ほどです。

大きなのリンゴのオブジェが目印。

国道322号線を走っていると横にちょこっと入る道があります。

『秋月観光りんご・梨狩園』シーズン

なし 8月上旬~11月上旬
りんご 8月中旬~

※その年の天候にも左右されますので、だいたいの目安にしてください。

『秋月観光りんご・梨狩園』料金

入園料 無料
1キロ 500円

※品種にもよりますが、梨・りんごともに、1キロ500円~650円くらいです。

『秋月観光りんご・梨狩園』品種

なし

8月上~中旬 幸水
8月下旬 豊水
9月上旬 二十世紀
9月中~下旬 新高

リンゴ

つがる・ふじ・王林・アルプス乙女

2021年の梨狩りはいつ頃まで?

『秋月観光りんご・梨狩園』さんに問い合わせたところ、2021年の今年は10月上旬くらいまでだろうとおっしゃってました。

リンゴの方は8月の大雨でダメになってしまったようで、「リンゴはないね~」とのことでした。

『秋月観光りんご・梨狩園』訪れた時の様子

※訪れたのは、昨年の2020年10月24日。梨のシーズンの終わりの方でした。

カゴをもらって、「はい、いっといで~!」と言われ、え、どこ?

お店の人は一緒には付いて行ってくれないんですね笑。場所をもう一度聞いてトコトコ歩きます。(1~2分)

梨園につきました。梨がひとつひとつ紙袋に包まれています。写真では伝わらないのですが、大きい梨です。

木が低めなので、小学生のお子さんも手を伸ばせば、自分で収穫を楽しめます。

踏み台用にビールケースも置いてありました。

帰りはリンゴ並木を通って帰ります。

10月下旬になると、リンゴはもう終わりらしいです。残念。「リンゴはもう少し早く来た方いいよ!」と言われました。

いつもスーパーで並んでるリンゴばっかり見てるので、こうして木になってる姿にしばし見とれてしまいます。

「こんな重いリンゴも木についてるんだ」と。(当たり前や)

梨狩りしない方は店頭でも購入できます。

大きさにもよりますが、1つのザルにだいたい4つ入って、1000円くらいでした。

大きくて、みずみずしくて、甘くて、本当においしい梨でした。

『あきづき市場』

道路渡ってすぐのところに、小さな市場があったので行ってみました。地元の野菜や総菜が所狭しと並べられています。

たけのこ、いちじくなんかも。

お弁当。ん~おいしそう。

手作りマスクもありましたよ笑。

『秋月観光りんご・梨狩園』の駐車場が5~6台しか停められないので、いっぱいのときは、このあきづき市場の駐車場に停めてもいいと思います。

【朝倉】ゲンゴロウを発見。

朝倉で川遊び 絶滅危惧種ゲンゴロウの住む「小石原川」小魚もたくさん

【朝倉】で果物狩りとランチが楽しめるお店です。

福岡で柿狩り!「林檎と葡萄の樹」果物狩りとアップルパイのお店

【朝倉】国産はちみつ直売所とはちみつ資料館、三連水車があります。

「藤井のはちみつ」おいしい国産はちみつと資料館・工場見学ができる楽しいお店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です