「藤井のはちみつ」おいしい国産はちみつと資料館・工場見学ができる楽しいお店

藤井のはちみつ 資料館

「藤井のはちみつ」は、創業明治42年、今年で創業111年になるはちみつの老舗です。

朝倉で道に迷ってしまい、トイレを借りようと思って入ってみたらなかなかおもしろい場所でした。

国産はちみつの販売と、はちみつを使った軽食、資料館、工場見学ができるお店です。

半分は普通のはちみつ屋さんなのですが、

通路を行くと、半分ははちみつ資料館になっています。

キイロスズメバチの巣が展示されてたり、

オオスズメバチの巣があったり。スズメバチも巣をビルみたいに整列させてるんですね。ハチ社会のすごさを感じます。

見事な六角形に見とれてしまいます。

そういえば昔、ミツバチの本を読んでえらく感動したっけ。以来ミツバチには尊敬の念しかありません。

「藤井のはちみつ」さんのはちみつ採集がすごい

お店で働いている方に「初めて来たけどおもしろい所ですね。ここって有名な場所なんですか?」と失礼ともとれる質問をすると、優しい方でミツバチのことをいろいろと教えてくださいました。

びっくりしたのが、はちみつの採集方法。(上の図)まだ肌寒い2~3月に温かい鹿児島県の種子島でミツバチを育てたあと、全国の花の開花時期に合わせて、巣箱を鹿児島からトラックで運びながら北上移動させているのだそうです。

今まで「国産はちみつって高いわ!」と思っていたけど、こんなに大変だったんですね…反省。

こんなに苦労してはちみつを集めているのに、巣箱をクマに荒らされることも。思うようにいかずご苦労もあるそうです。

蜜を集める道具やミツバチから顔を守る面布なんかもありました。

今はミツバチは活動をお休み中ですが、動きが活発になる春頃になると、この黄色の窓が開いてみつばちの働きを窓越しに観察できるそうです。

資料館の中庭に巣箱があって、実際にみつばちが出入りしてる様子を座って眺めることができます。(ガラス越し)

ハチの巣の一部?が落ちてます。聞くと、「無駄巣」と呼ばれるもので、元気が良すぎるミツバチが、ときどき巣箱からはみだして巣を作ってしまうそうで、それを切り落とすのだそうです。

持ってきてくれました。触るとちょっぴりベトベトしてます。ん~個性的な香り。

「無駄巣」という名前だけど無駄にはせず、ぐつぐつ煮て蜜ろうにします。ススが出ないことから教会のろうそくにしたり、化粧品やクレヨン、床のワックスなどに生まれ変わるのだそうです。

びっくりしたのがこれ!スズメバチを生きたままはちみつ漬けにした滋養強壮液。

効く人と効かない人がいるそうですが、おみやげ(ご自分用)にいかがでしょうか笑?

藤井のはちみつ カフェ

店内にちょっとした飲食コーナーがあります。食べてきたばかりで何も入らなかったのでパンフレットを載せておきますね。

一番の人気ははちみつソフトクリーム。

他にもみつばちカレー、はちみつバタートーストセット、砂糖を使わずはちみつばっかりを使った「ばっかり万十」、煎れたてのコーヒーが楽しめます。

藤井のはちみつ おすすめは?

レンゲ、ソバ、リンゴ、アカシア、クローバー、マカダミア、コーヒーなんてものも。ミツバチの吸った花によってできあがりの色が違いますね。味見もさせていただけます。ローヤルゼリーやプロポリスなどの健康食品もありました。

一番のおすすめを聞いてみたら、こちらの「みつばちの恵」が安くてとてもおいしいそうです。

でもこれ、海外のはちみつもブレンドされていて。ずっと安い海外はちみつで我慢してきた主婦としては、ここまできたら国産を買って帰りたい。

勤続うん十年というおじさまに、「国産で一番お好きなのはどれですか?」と聞いたら「野バラ」と仰ったので買ってみました。フタを開けたら、はちみつの香りと一緒にふわぁ~っとバラの香り。

これですね。バラとはちみつのミックス味(そのまま)もうね、食べる香水です。花のあと味が広がって口の中がさっぱりします。

藤井のはちみつはスーパーで売ってるところもありますが、リンゴの花から採ったリンゴはちみつソバはちみつなどめずらしいはちみつはネットで手に入ります。(野ばらはネットで見つけられませんでした)

おじさま曰く、ソバの蜂蜜は動脈硬化や鉄分不足の方に効果がありおすすめだそうです。

藤井のはちみつ 工場見学

残念ながら土・日曜日は工場がお休みで見られなかったのですが、平日の稼働時は無料で見学ができるそうです。

申し込めば、さきほどのはちみつ資料館のガイドも無料でくわしく説明してくれるそうです。

どちらも、「できれば事前に申込んでほしいですが、直前の申し出でも対応できる場合があります。」とのことです。

錦鯉とアイガモ

はちみつ館のとなりに温室みたいな建物があったので入ってみました。

プールを再利用して、アイガモと鯉が泳いでます。(直売所入口に100円エサが売ってます)

プールだから水が濁ってなくて、模様が鮮やか。

けど、エサをあげようとしたらそれまで優雅に泳いでいた姿が一変。他人の背中に乗り上げ我よ我よと。

はいはい。今あげるからね。

欲望のままに生きる姿がかわいい。

歩いて2分のところに素敵な三連水車があり、田んぼの季節のみ回っています。(10月前半で止まるそうです)

三連水車の場所はこちら 水車の手前に無料駐車場があります。三連水車の駐車場はこちら

終わりに

新しい施設ではありませんがいろいろなことを知れて楽しかったです。

そうだ、むかし読んでえらく感動したというみつばちの本、探したらまだありました。

これこれ。「ミツバチのふしぎ」(あかね書房) 子ども向けの本にしてはめちゃくちゃ詳しくてわかりやすいです。

今はカバーデザインは変わっていますが、まだ絶版になってません笑。同じ七尾純さんの本です。読むとミツバチのふしぎが不思議じゃなくなる良本です。

藤井のはちつ アクセス

MEMO
  • フジイのはちみつ直売店
  • 〒838-1305 福岡県朝倉市菱野1105
  • 営業時間:09:00~17:15
  • 電話:092-52-3833
  • 定休日:年末年始
  • 駐車場:無料
  • トイレ・自販機:あり
  • HP:藤井養蜂場

藤井のはちみつ 駐車場

お店の目の前です。20~30台は停められます。

ここから車で5分のところに果物狩りとランチが楽しめるお店です。

福岡で柿狩り!「林檎と葡萄の樹」果物狩りとアップルパイのお店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です