福岡「舞鶴公園」は桜だけじゃない!公園内で楽しめる花の見頃と場所

舞鶴公園には一年を通じてたくさんの花が咲きます。ここでは季節ごとに咲く花とみられる場所をまとめました。お花を見ながらのお散歩は気分もリフレッシュできますね!

【春】

桜   3月下旬~4月上旬

写真参照:舞鶴公園

舞鶴公園は福岡市屈指の桜の名所として有名で、開花時期になると毎年たくさんの人が訪れます。

園内にはソメイヨシノやヨウコウ、カンザンなど約1,000本のさくらが植えられています。さまざまな品種が植えられているため、さくらを長く楽しめるようになっています。

写真参照:福岡県観光連盟

桜の雲海!とってもきれいですね!ソメイヨシノは江戸幕末のころ、江戸染井の植木屋より出たもので、初めは「吉野桜」と呼んでいたそうです。

福岡城桜まつり

毎年3月下旬に『福岡城さくらまつり』が開催されます。城壁やさくらが美しくライトアップされ、舞鶴公園内では屋台やイベントが行われ多くの人でにぎわいます。

福岡城さくらまつり

【まつりの期間】3月下旬~4月上旬
【ライトアップ】18:00~22:00
入場最終時間】21:45まで

さくらまつりの時期は駐車場が込み合いますので、公共の交通機関かタクシーを使うことをおすすめします。お車の場合は、遠くの駐車場にとめて歩くか、時間に余裕をもってお出かけてください。

「福岡城さくらまつり」公式サイト

桜園の場所

舞鶴公園さくら地図

 

桜園以外にも咲いている場所はたくさんあります。場所については舞鶴公園管理事務所が作成した舞鶴公園さくら地図」がとてもわかりやすいので参考にしてください。(管理事務所でも配布しているそうです)

ツツジ 4月中旬~4月下旬

ヒラドツツジの満開時はピンクのこんもりとした山が続いて写真に納まりきれません。

「ヒラドツツジ」というのは「リュウキュウツツジ」の別名で、長崎県平戸にちなんで関西以西では特にこの名前で親しまれています。

かくれんぼもできちゃいます。

ツツジ園の場所

八重桜 4月~5月

写真参照:舞鶴公園

桜に少し遅れて八重桜も咲き始めます。

藤棚のところに咲いている八重桜です。

藤   4月下旬~5月上旬

藤(フジ)は日本特有の名木で、藤棚から垂れ下がった花は見事です。

藤の季節になると、赤い布を敷いた和椅子や、藤を近くで見れるように上り階段が設置されます。

藤園の場所

牡丹  4月下旬~5月上旬

写真参照:舞鶴公園

牡丹(ボタン)は丁寧に手入れされています。

写真参照:舞鶴公園

芍薬  5月上旬~5月下旬

芍薬(しゃくやく)も牡丹もはじめは薬用に栽培されました。

芍薬の根は消炎・鎮痛・止血作用がある生薬として利用されています。

牡丹と芍薬の違い

牡丹(ボタン)

【木】樹木のため枝分れして花が咲く
【葉】切れ込みがありギザギザした形
【香り】なし
【見頃】4月下旬~

芍薬(シャクヤク)

【草】まっすぐ伸びた先に花が咲く
【葉】切れ込みがない
【香り】バラに似た香り
【見頃】5月上旬

牡丹芍薬園(ボタンシャクヤク園)の場所

花菖蒲 5月下旬~6月上旬

花菖蒲(はなしょうぶ)の見頃の写真です。とてもきれいですね!写真提供:福岡市

私の訪れた6月中旬は、もうほとんど終わりかけでした。あと1週間早ければ・・。

花菖蒲は江戸時代後期に改良が進み、江戸・伊勢・肥後の三系統ができました。

花菖蒲園の場所

【夏】

紫陽花 6月中旬~7月中旬

写真参照:舞鶴公園

紫陽花(あじさい)は俗に「七変化」と言われ、花の色が土の酸性度によって桃色から青色に変わります。

一般に酸性ならば青アルカリ性ならば赤になると言われてます。

白花系は色素を持たない品種なので、酸性・アルカリ性どちらの土でも構わないそうです。

アジサイの咲いている場所

たくさんではありませんが、①牡丹芍薬園の回りと、②大手門交差点側から『下之橋御門』へつながる小さい橋の両側に咲いています。

睡蓮  6月中旬~7月

睡蓮(スイレン)は蓮より1か月くらい早く咲き、6月中旬が見頃です。「睡蓮」という名前は、夕方になると花を閉じる(眠る)ところから名付けられました。

地下茎はレンコンとして食用になります。(写真は福岡市城のお堀「6号濠」)

蓮   7月下旬~8月下旬

蓮(ハス)は早朝に咲き昼には閉じます。

最初は満開ではなく、このくらいの開きでそれを2~3回繰り返したのち、大きく咲きます。

明治通り沿いのお堀にかかる上の橋から景色。蓮がお堀を埋め尽くしていますね!

お堀のそばは歩道がしばらく続いていますので写真を撮ったり間近で楽しむことができます。

睡蓮と蓮の違い

睡蓮(スイレン)

【花】水面に浮かぶように咲きます
【葉】切れ込みがあります

蓮(ハス)

【花】水面より高く茎が伸び咲きます
【葉】切れ込みがありません

睡蓮・蓮の見られる場所

福岡城跡の周りには1号濠~6号濠までのお堀があります。ここでは代表的な場所を一つ載せておきます(1・2号濠)

ほかの場所については舞鶴公園管理事務所が作成した地図を添付しました。とてもわかりやすいので参考にしてください。

蓮・睡蓮マップ

※写真の黄色い睡蓮は6号濠です。

【秋】

彼岸花 9月中旬~9月下旬

彼岸花は陸上競技場の外野周辺で見られます。白い彼岸花も。

彼岸花の場所

紅葉  10月~11月

舞鶴公園は紅葉も美しいです。

写真:福岡市

落ち葉もまた素敵ですね。

紅葉はいろいろな場所で楽しめますが、この落ち葉の階段は福岡城大組櫓跡の下です。

山茶花 10月~12月

椿   11月中旬~3月中旬

椿と山茶花の違い

山茶花(サザンカ)

【花】花びらが落ちます。
【葉】裏側にうぶ毛が生えています。

椿(つばき)

【花】首からポトッと落ちます。
【葉】裏はつるつるしています。

さざんか、つばきは公園内の随所で見られます。

【冬】

水仙  1月上旬~2月下旬

寒い冬に水仙を見ると「ああもうすぐ春が来る。うれしい~!」といつも感じさせてくれます。※決まった場所はなく公園内随所で見られます。

梅   2月中旬~3月上旬

写真提供:福岡市

梅は中国原産で古くから日本に親しまれてきた花です。

日本に梅が伝わったのは、①弥生時代(紀元前3世紀 – 紀元3世紀)に朝鮮半島を経て入ったか、②遣唐使が日本に持ち込んだ と考えられています。

梅園の場所はこちら

舞鶴公園内で自転車レンタル(チャリチャリ)ができます。

舞鶴公園内にはチャリチャリポート舞鶴公園(地図)があります。サイクリングしたい時はここで借りられます。

チャリチャリ公式サイト

舞鶴公園へのアクセス・基本情報

MEMO

駐車場案内

代表的な第一駐車場、第二駐車場を掲載してますが、周りに数多くあります。

駐車場 利用期間 時間 1時間
第1駐車場
68台)
4/1~10/31

11/1~12/29

5:30~2:00

6:30~19:00

150円
第2駐車場
(71台)
4/1~9/30

10/1~3/31

8:00~2:00

8:00~19:00

150円
※12/29~1/3は閉鎖 ※出庫は24時間可能 ※障がい者(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている者)が運転又は同乗する車は免除。
福岡城に天守閣はあったのか? 黒田長政の軌跡を辿る 圧切り長谷部の展示始まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です