【佐賀】子供が喜ぶ観光スポット吉野ケ里遺跡 今体験はできる?イベント「よみがえる邪馬台国」開催中!

中学生以下のお子様連れ限定無料!

11月30日まで大人が無料になります!方法は2つ。この機会をお見逃しなく!(私知らないで払いました~)

①LINE @yoshinogari  ←クリックして友達追加。入口提示で入園無料!

②リーフレットをプリントして提示(白黒でもOK)

PDF 子育てし大“券”2020秋リーフレット 別ウィンドウで開きます

※駐車代金310円はかかります。

吉野ケ里遺跡 イベント

明日、2020年9月19日から「よみがえる邪馬台国」が始まります!「魏志倭人伝」に記された同時代の遺物などから、各地域に存在したと想定されるクニの姿に迫る、シリーズ「倭人伝のクニを探る」です。

期間 9月19日(土)~11月8日(日)
会場 吉野ヶ里歴史公園内「弥生くらし館」

特別企画展「よみがえる邪馬台国

吉野ケ里遺跡ってどんなところ?

吉野ケ里遺跡は弥生時代の卑弥呼・邪馬台国時代を再現した遺跡です。福岡市内中心部から高速で40分ほどとアクセスが良い観光スポットです。

先日出かけた五ケ山ダムの帰りに寄ったのですが、ダムから車で20分くらいで着きます。

お子さんが小さいと「遺跡に来てもおもしろくないんじゃ・・」と思われるかもしれませんが、うちは子どもが小さい時の方が喜んでいました(*^-^*)

吉野ケ里遺跡のいいところは景色が遺跡に溶け込んでいるところです。

歴史建造物を見に行くと隣がビルだったりしますが(それはそれでまた良さがあるのだけど)、ここにくると古代にタイムスリップしたみたい。

周りに高い建物がないので、遺跡が山々や水田に調和して、『私が今見ているのと同じ風景を弥生時代の人も見ていたのかなぁ』と邪馬台国の人々の気持ちに近づけるような気がします。

弥生時代この辺りに集落があったと考えられていて、村で家族が畑や水田での農耕生活をしている様子を再現しています。

立派な竪穴式住居は中を見ることができます。

地面を掘りくぼめ、その中に柱を建て骨組みを作り、上から土やワラなどで屋根をふいた作り。想像以上にしっかりと家を作っていてびっくり。

物見櫓(ものみやぐら)は兵士が周囲を見張るために作られたものです。階段がついているやぐらは上にあがれます。

子どもたちが小さい時はキャーキャーいいながら走り回って、物見やぐらをハムスターみたいに何度も登っては降りるを繰り返していました。今はほぼ無言です…涙。

吉野ケ里遺跡でできる体験

吉野ケ里遺跡では体験も行っています。現在は感染防止のため外テントでの実施です。現在行われているのは勾玉(まがたま)作り(300円)と化石掘り(200円)の二つです。

化石掘りは栃木県塩原の湖底から採取した本物の化石が用意されていて、運が良ければ木の葉の化石が見つけられるようですよ!

以前きたときの勾玉つくりの様子。比較的やわらかい石鹸石で古代の装飾品を作ります。

こちらは古代の鏡作り。水につけながら、やすりで削ったり磨きます。

火起こし体験。上下に動かして火をおこします。(火おこしと鏡作り体験は現在はお休みしていますが、状況が落ち着いたらまた再開されると思います。)

吉野ケ里遺跡 展示室

この水瓶みたい大きな壺は、首長たちが葬られたお墓。粉々に出土したものをよくここまで復元しましたね!すごいなぁ。

壮年男性(30代後半から50代)お墓の中です。レプリカで公開されています。儀式などがあったのでしょうか、頭部のない状態で出土されたそうです。弥生時代から亡くなった方を大切に葬っていたのですね。

興味を引いたのが、この紫の糸。なんと貝から取った色素なのだそうです。これらの貝に紫外線が当たると紫色に変色し、それで糸を染めていたそうです。

弥生時代にすでにそんな技術があったのか!と驚いたのですが、職員の方がおっしゃるには「水に浸かった貝が紫外線に当たると紫色に変わるのは、生活の中から偶然起きたことで弥生人はみんな知っていたんです。すごいのは紫を発見した人じゃなくて、最初にそれを糸に染めて服を作ろうと思った人です。」

ほんとうにそうですね!

ファッションのさきがけですね!(今もこんな服着てる人いませんけ?笑)少なくともオシャレに目覚める精神的余裕があったのか…食べるために必死なだけの時代でもなかったのか…。

吉野ケ里遺跡にある遊具で遊べる公園

敷地が広いので同じ場所にはありませんが、車で4分くらいのところに大きな公園があります。すごく楽しい公園なのでこちらも是非寄ってみてください!

↓↓↓公園や場所を詳しく見る↓↓↓↓

【吉野ケ里遺跡】公園遊具が楽しすぎ!佐賀のおすすめ公園「遊びの原」バーベキューOK

レストラン・売店

レストランでは定食やうどんやパスタ、子ども用は、お子様うどん、お子様カレー、ホットケーキ、ソフトクリームなどあります。

お土産コーナー。陶器からキーホルダーまで、幅広い年齢層が楽しめるお土産が売ってます。

吉野ケ里遺跡 ナイトキャンドル

毎年12月にはキャンドルナイトイベントが行われ、遺跡が幻想的な世界に変わります。

出店があったり、広場では気球が上がったりちょっとしたお祭りになります。


イベントの終わりには少しですが花火も打ち上げられます。2年前の動画がありました。

今年はこの状況なので開催されるかわかりませんが、開催有無については冬にお知らせがありますので公式サイトでご確認ください。

入口にめずらしいピンクの彼岸花が咲いてました。秋ですね。お天気のいい日の吉野ケ里遺跡は本当にのどかできれいです。ペットも室内に入れなければOKです!

空気もおいしいので是非ご家族や大好きな人といかれてみてください♪ 最高の日帰りコースになると思います。

吉野ケ里遺跡 営業時間

4月1日~5月31日 9:00~17:00
6月1日~8月31日 9:00~18:00
9月1日~3月31日 9:00~17:00

吉野ケ里遺跡 入場料

中学生以下 無料
大人 460円
65歳以上 200円

公園ナビアプリ

公園が広いので、展示室はどこ?トイレはどこ?みたいなときに役に立ちます。

公園ナビアプリサイト

吉野ケ里遺跡 アクセス

MEMO
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • 〒842-0035
    佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
  • 電話:0952-55-9333
  • 定休日:なし
  • トイレ・自販機:あり
  • 駐車場:310円

吉野ケ里歴史公園公式サイト

公共の交通機関はこちら

吉野ケ里遺跡 駐車場

遺跡に一番近いのは東口です。右手が駐車場入り口です。

 

吉野ケ里遺跡内にある遊具の楽しい公園
↓↓同じ駐車券で入れます↓↓

【吉野ケ里遺跡】公園遊具が楽しすぎ!佐賀のおすすめ公園「遊びの原」バーベキューOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です