【大野城いこいの森 中央公園】福岡で幼児・小さい子どもが水遊びができる公園。遊具も楽しい!

大野城いこいの森ってどんなところ?

『大野城いこいの森』は 福岡市内から車で30分ほどの牛頸ダム(うしくびダム)のそばにある自然豊かな公園です。

公園内はとても広く、大きくわけるとこのようになっています。

注意
それぞれは別の場所で同じ敷地内にはありません。また、キャンプ場内にある施設はキャンプを利用する人のみが使えます。

マップ参考:「大野城いこいの森」より

今回はその中から、雨が降っても好都合!小さなお子さんが思いっきり水遊びを楽しめる『中央公園』についてレビューしたいと思います。

大野城いこいの森「中央公園」は水遊びと遊具が楽しめる!

中央公園は森の中にあり、大野城の景色を一望できます。空気もおいしいし景色も格別です。

入り口から少し歩くとさらさらと水が流れている噴水広場。冷たくなく心地いい。

水を挟んで両脇は、大人が腰を下ろして見守れるようになっています。適度に木陰で、スペースもとれてよい感じです。

少し経つと、子どもたちもたくさん遊びにきました。みんなびしょ濡れ。最初から水着で遊びにくるお子さんも。浮き輪や水鉄砲を持ってきている子もいます。

水が浅く危なくないので、大人もおおらかな気持ちで見守れます。未就学児や小学校低学年のお子さんの水遊びにぴったりな場所です。

この日は小雨が降ったり、突然晴れたりの繰り返しだったのですが、すでに濡れちゃってる子どもたちは関係なし!雨の中キャッキャと楽しそうに遊ぶお子さんたちの笑顔に私も癒されます♪

中央公園は水遊びの他に、遊具も充実しています。幼児用の遊具もあれば、

シンプルな筋トレ系もあり。

2018年にできたドーム型の巨大トランポリン。こどもが何回もせがむので、私もしぶしぶ靴を脱いで飛びました。(見てるより相当楽しい)

ターザンロープはレールが長く、カーブがついていて楽しめます。

ジェットスライダー(ローラー滑り台)は20メートルの高低差で全長90メートルとダイナミック!

景色抜群の森の中を滑れば気分は最高!おしりが痛くなるので100均に売っている草スキー用マットがあるとより楽しめます。

草スキーマットは、公園入場口の管理室で150円で販売しています。(管理室からスライダーまでは結構歩くので、使うなら最初に買っておいた方がいいです。)

滑り台の降り口。満足度100%の長さです。草刈りもしてあってメンテナンスもよくされていると思います。

こちらは別のローラー滑り台。個人的にはこっちの方が気になりました。

一直線のローラー滑り台で、ここまで長いのは見たことがありません。怖気づいてトライしませんでした。ノンストップで行ったら最後放り投げだされそうで笑。

滑った後は、この遊具で上に戻れます。

遊びながら上に戻れるからきついと感じません。(私以外は)

木造アスレチックもあります。

ちなみに、この遊具↑で遊べるのを楽しみにきたのですが、今(2020年7月)は撤去されてありませんでした。

遊具つきのユニークなお手洗いです。

テントを持ってきてもよし、テントなしのときも屋根付きの日よけスペースがあります。

終わりに

パターゴルフもあったのですが、そこはその日はまだ草刈りがされていなく、できない感じでした。

管理室の方もとてもやさしくて感じの良い方で、また公園も小さなお子さんを楽しませる工夫がたくさんされていて、安心して遊ばせられる場所だと感じました。

大野城いこいの森中央公園へのアクセス

MEMO

駐車場案内

駐車場は1日220円。入る時にお金を払うので小銭の用意が必要です。

【大野城いこいの森 水辺公園】福岡で子どもと一緒にバス釣り・川遊びができる公園!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です